スクイーズ法は9割の人が射精コントロールを実感?

112-1
スクイーズ法というものをご存知でしょうか?
早漏で悩んでいる方は名前くらいは知っているかもしれませんね。
かなり有名な早漏対策の方法です。
 
でも、知っていてもなかなか実行できないかもしれません。
そして、仮に実行したとしても、なかなか効果を実感できないのではないでしょうか。
 
実は、スクイーズ法は9割以上の男性が効果を実感できると言われている凄い方法なのですが、私の場合は効果を実感することができませんでした。
やり方がまずかったのかもしれませんが、それも含めて効果を実感できないという人間も居ることは確かです。
 

スクイーズ法とは

では、スクイーズ法とはどのような方法なのでしょか?
 
スクイーズとは、直訳すると「握る・絞り出す」という意味のようです。
ですから、スクイーズ法はペニスを握って射精を止めるというような感じでしょうか。
 
では、スクイーズ法の手順を紹介します。
 
まずペニスを刺激します。
この時、自分がいつも行っているようなマスターベーションの方法でも構わないです。
もし、可能ならばパートナーに協力してもらってペニスを刺激して貰う方がより効果的かもしれません。
 
ペニスへの刺激を続け、射精しそうになった時に亀頭上部にあるカリから1センチ程の付け根部分を指で圧迫してください。
そうすることにより、強制的に射精を止めることができます。
 
私の場合、この辺りの感覚がイマイチ掴めませんでした。
一般的に慣れるまで不快感を覚えるようですが、この方法を繰り返し行うことで9割以上の男性が効果を実感できているということです。
 
体質的に合う、合わないということもあるのかもしれませんが、うまくいかなくても何度もチャレンジすることが大切なようです。
兎に角、一回では何も変わりません。ですから、毎日のように繰り返し行ってみてください。
 
また、この方法はパートナーに協力して貰うことで、より効果を得られると言われています。
 
スクイーズ法は、繰り返してトレーニングを行うことで射精を自分でコントロールできるようになります。
つまり、早漏を改善できるのです。
 

効果が得られないのは何故?

スクイーズ法は本当か否かわかりませんが、9割以上の成功確率とのことです。
しかし、私も含め、約1割の男性は効果を実感できません。
 
その理由は様々だと思いますが、私の場合は強制的に射精を止めるということができなかったのです。
射精しそうになった時には指で圧迫しても射精してしまいます。
 
ですから、一度試してみて、ダメなようならこの方法は諦めた方がよいかと思ってしまいました。
 
とりあえず挫折感を味わいました。
この方法は私には向いていないのです。
 
でも、後に早漏を違う方法で克服することができました。