薬を使って早漏改善?その薬の正体を知ってますか?

職場の飲み会の時に後輩のA君からこんな話が出ました。

A君
早漏改善の薬ってあるじゃないですか。
あやしいやつ。
あれってどうなんですか?
えっ!?
塗り薬のこと?
A君
そうそう、塗り薬。
通販で購入しようか迷ってて・・・
実は前に買ったことがあるんやけど、結局使うことは無かったわ。

何年も前のことになりますが、実は私も早漏に悩んでいた頃に購入したことがあるんですよね。怪しげな通販サイトで。

でも、結局使うことはありませんでした。何故って?塗るタイミングがなかったというか、前もって塗っておくのもどうかと思うし、挿入する直前に塗るのも難しいですよね。
塗り薬
ですから、使うチャンスがなかったというだけの話なのですが、その後に色々調べていたら使う気がしなくなって捨ててしまったんです。気になったのは早漏薬の成分ですね。

というわけで、今日は
 
気になる早漏改善用の塗り薬!その成分を知ってますか?
 
ということを取り上げてみたいと思います。
 


 

早漏改善用の薬の成分は麻酔薬です

早漏改善薬として販売されている商品に含まれている成分の中で、直接早漏に働きかけるのは以下の2つの成分です。

早漏改善薬の成分
  • リドカイン
  • 局所麻酔薬、抗不整脈薬

  • ジブカイン塩酸塩
  • キノリン誘導体の合成局所麻酔薬
    コカインの約12倍の効力

 
早漏改善薬には上記のどちらかの成分が含まれているのですが、きっとあなたも使用したことがある薬なんですね。

実はどちらも局所麻酔薬。つまり、痛みを和らげるというか、感じなくさせる為の薬だったのです。そして、これらの成分は傷薬や口内炎症用の薬、皮膚炎用の薬の中の主成分として配合されているのです。
看護師
つまり、わざわざ早漏専用を謳っている怪しげな薬を購入しなくても、「リドカイン」または「ジブカイン」の配合された塗り薬をペニスに塗ることで、ペニスに感じる刺激を少なくすることができます。

その結果として早漏を改善できるということになりますね。では、詳しい使用方法を見ていきましょう。
 

早漏改善薬のの使用方法

早漏改善薬(局所麻酔薬)の一般的な使用方法は以下の通りです。

使用方法
  • 性行為の約1時間前にクリームを亀頭と陰茎に塗布する
  • コンドームを着用する
  • 自身の感度に合わせて少量から塗る量を調整する

 
また、局所麻酔薬は効果が持続するので、効果を感じられるようになれば水で洗い流しても大丈夫なようです。そして、自身の感度に合わせた量を使用するというところが最も重要ではないでしょうか。

長く持続させたいからと言って塗り過ぎてしまうと、逆に遅漏になってしまう可能性もあるということですね。

そして、気になるのは副作用ですね。
 

早漏改善薬の副作用

早漏改善薬に含まれているリドカイン・ジブカインは副作用が殆ど無いと言われています。しかし、、稀に現れる症状としては以下のようなものがあります。

副作用
  • ほてり
  • 血管の拡張作用による動悸・血圧低下

 
また、血管の拡張作用による動悸・血圧低下によるめまいの報告もあるということで、やはり世の中に100%安全な薬というものはありませんね。

副作用が少ないと言っても、もしあなたのペニスをパートナーが口に入れるようなことになったら・・・

あなたは抵抗がありませんか?いくら洗い流したからと言ってもやはり抵抗がありますよね。それに、コンドームを使用したままフェラとか、何だかおかしな話だと思いませんか?

風俗店での使用ならまだ納得もできますが、パートナーとの性行為でゴムフェラなんて有り得ませんよね。その辺りはあなたとパートナーの性癖の問題になってくるので、私にはなんとも言えない部分ではありますが、よく考えてから使用しましょう。
 

まとめ

今日は早漏改善用の塗り薬について取り上げてみました。もう一度まとめてみましょう。

早漏改善薬の成分
  • リドカイン
  • ジブカイン塩酸塩

 
驚いたのは、どちらの成分も我々が普段使用している塗り薬の中に含まれている成分だったのです。皮膚の痛みや痒みを一時的に抑える為の局所麻酔薬だったんですね。

つまり、薬局でその成分の入った塗り薬を購入すれば良いということになります。

しかし、私としてはそのような塗り薬を塗ったペニスをパートナーの口や膣に挿入するということに対して抵抗があるので使用する気にはなれませんでした。

口というのは食べ物を入れるところですよね。それに膣というところはとってもナイーブな部分ですよね。副作用が殆ど無いと言っても、やはり抵抗があります。

あなたはどう思いますか?

私の個人的な意見ですが、薬を使わない他の方法を考えた方が良いと思います。
 
関連記事
早漏を改善する薬って怖いですね