早漏って何だ・・・?

033-2えっ?
もう終わり?

そう言われ続けて早20年・・・

妻と結婚してから15年が経過しました。
結婚する前に5年間の交際期間があります。

つまり、妻とのセックスは20年になります。

もう、セックスなんてしなくていいんじゃない?

そうは思うのですが、なかなか辞められません。

そして、私は20年間ずっと、

「えっ?もう終わり?」

と言われ続けてきたのです。
そうです。
恥ずかしながら、私は早漏だったのです。

実はずっと早漏という自覚はありました。
妻を挿入で満足させることはできません。

いつもいつも
気持ち良くなってきたら終わりやんか!!

って叱られます。
でも、自分ではどうすることもできないのです。
カップル

早漏って何?

早漏 早漏 って・・・
一体早漏の定義って何だ?

世の中には、挿入する前に女性にちょっと触られただけで射精しちゃったり、女性の中に3秒とか言う人もいると言う噂ですよね?
それに、昔から「三こすり半」なんて言葉も有名です。

でも、私はそこまでは早くない。

どちらかと言えば少し早い方かもしれない。
けど、早漏っていう程でもないのでは?

そう思っていました。
早漏の定義を知るまでは・・・

早漏の定義

実は、世の中には私と同じように、
 ・自分では早漏だと思っていても実は違った
 ・早漏ではないと思っていたが、実は早漏だった
という人が多いらしいのです。

殆どの人は早漏の定義なんて知らないのです。

調べてみると、早漏の定義がありました。
それによると、早漏とは次の3つ。

・膣に挿入、または挿入前の1分以内に射精してしまう
・膣に挿入すると自分の意思とは無関係に射精してしまう
・挿入時間が短く相手を満足させることができないことに対してストレスを感じる

この3つのうちどれか1つでも該当する場合は早漏なんだそうです。
どうですか?
あなたは早漏ではなかったですか?

私の場合、1分以内で射精してしまうこともあります。
その時は体調のせいにしてしまっていますが・・・

最も重要なのは、
「挿入で相手を満足させることができない」
という部分です。
そして、そのことでお互いにストレスを感じていました。

つまり、私は早漏だったのです。
相手を満足させることができていなかったので・・・

逆に言うと、挿入時間というのはそれ程問題ではないのです。
挿入時間が短くても、満足させてあげれば良いだけのことなので。
あなたはパートナーを満足させることができていますか?
 

お互いに気持ちの良いセックスを・・・

私はほんの少しだけ想像してみました。
もし、自分が早漏を克服できたとしたら・・・
 
妻とのセックスを今よりももっと楽しむことができ、
 
いつもと全然違う!!

頬を赤らめた妻が、そう言うに違いありません。
 
あなたは早漏のまま一生を終えてもいいと思っていますか?
私はそんなのはイヤです。
 
だから、私は本気で早漏を克服しようと努力しました。
早漏について勉強し、実践し、失敗を繰り返し・・・
 
そして、ついに本当の早漏対策を見つけることができたのです。
 
もし、あなたが私と同じように早漏で悩んでいるとしても、大丈夫です。
早漏は必ず克服できるものなのです。
 
だから、ほんの少しの努力をしてみてください。