早漏を改善する薬って怖いですね

167-1
もし、早漏を改善するがあって、それが簡単に入手できるのなら使ってみたい・・・

そう考える人は少数派だと思います。
やはり薬というのは抵抗感がありますよね。

薬と言うからには、必ず副作用があります。
副作用があることを理解したうえで、それでも薬に頼ってまで早漏を治す必要があるのか・・・

もしかしたら、喉から手が出るほど欲しいという人もいるかもしれません。
実際はどうなのでしょうか?

早漏を改善する薬はあります

実は、早漏を改善する薬はあります。

しかし、その薬は早漏専用の治療薬ではありません。
おかしなこと言ってますか?

実は、早漏治療に開発されたものではなく、うつ病の治療薬なのです。
その薬を服用することで、早漏を改善することができます。

うつ病の治療薬なので、実は早漏が改善されるということ自体が副作用なのでしょう。

私はうつ病の治療薬と聞いただけでちょっと引いてしまいますが・・・
あなたはどうですか?
うつ病の薬とわかっていながら、早漏を治すためならと思って服用してみますか?

はっきり言って、怖いですよね。

早漏改善の薬は簡単には入手できない

薬
早漏の薬はうつ病の薬です。
それって、どう考えてもすぐに購入することは不可能ですよね。

近所の薬局に行って、

「うつ病の薬ください!!」

って言ったら処方して貰えますか?
明らかに無理です。

つまり、その薬を入手しようとすれば、医師の診断が必要と言うことです。
しかも、この薬は保険の適用外となります。
つまり、薬代が全額自己負担ということ。

価格自体は比較的安価なものなので、数千円もあれば購入できると思います。
しかし、病院へ行って、

『早漏の薬ください』

なんて言う勇気は私にはありません。

早漏治療薬の副作用

早漏治療薬はうつ病の薬で、早漏の症状が改善されるということ自体が薬の副作用だと思うのですが、実は他にも副作用があります。

副作用として報告されているのが、めまいや眠気、ふらつきといった症状です。

また、てんかん、緑内障などを患っている方は使用することができません。
当然、他のうつ病治療薬との併用もできません。

あなたはそんな薬を使用したいですか?

そんな薬を使用せずとも、もっと現実的な方法があります。
 
関連記事
薬を使って早漏改善?その薬の正体を知ってますか?