突然ワキガに?あなたも急に悩みを抱えることになるかも・・・

職場の同僚H村さんにカミングアウトされた様子を前回の記事に書きました。前回の記事はこちら。

H村さんがワキガであることは認めたのですが、実はH村さん自信がワキガだと気が付いたのは2年前。ワキガは突然やってきたんだそうです。

H村さん
実はね、私がワキガって自覚し始めたのは2年前なんだよね。
えっ!?じゃぁ、2年前までは大丈夫だったんですか?
H村さん
そうそう。突然ワキガになった感じ。
そんなことってあるんですか?
H村さん
あると思うんだけど・・・違うかな?
それって気が付いてなかっただけなんじゃないですか?
ちなみに、私がワキガを自覚し始めたのは大学3年生の時。そして、臭いがキツイと感じるようになったのは40歳を過ぎてからでした。

というわけで、今日は
 
突然ワキガになることってあるの?
 
ということについて考えてみたいと思います。昨日まではワキガじゃなかったのに、今日からワキガの仲間入り!なんてイヤですよね。実際にそんなことってあるのでしょうか?
 

あなたが突然ワキガになった理由

YouTubeを見ていたら衝撃的な動画があったので掲載したいと思います。


韓国人のようですが、脇毛が凄いですよね。どうやら自分の脇の臭いで気が狂ったようです。

こんな風に、突然ワキガになることがあるようです。

というのは冗談ですが、今まで自分の脇の臭いが全く気にならなかったのに、ある時を境に突然気になり始めるということはあります。つまり、突然ワキガになることはあるということですね。

しかし、実際は突然ワキガになったわけではなく、元々ワキガ体質だったのです。元々ワキガ体質だったが、気が付かなかっただけということです。花粉症は本当に急に花粉症になることがありますが、ワキガに関してはワキガ体質ではない人が突然ワキガになることはありません。

H村さん
じゃぁ、急にワキガって気が付いたのはどうして?

その理由は、以下の通りです。

  • 生活習慣の変化
  • ホルモンの影響

 
では、もう少し詳しく見ていきましょう。
 

生活習慣の変化で突然ワキガに???

実は、生活習慣が変化することによって、突然ワキガになることがあります。正確には、脇の臭いが強くなるという表現の方が正しいでしょうか。では、なぜそのようなことが起こるのでしょう?

人間の体というのは、自然のリズムで生活ができるような仕組みになっています。例えば、朝になったら起きて夜になったら寝るというようなことですね。現代社会では起きている時間が長くなりがちですが、それでも最低6時間の睡眠が必要と言われています。

しかし、睡眠不足になってしまうと、体が悲鳴を上げ始めるんですね。それがワキガとして出てきてしまうということなのです。生活習慣の乱れというと、

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 食生活の乱れ
  • 仕事のストレス

などが挙げられます。ですから、生活環境が変化し、生活習慣が乱れることで突然ワキガになったと感じる人も多いようです。出来る限りストレス無く、規則正しい生活ができると良いですね。

では、次にホルモンに関することを見ていきましょう。
 

ホルモンの影響で突然ワキガに???

ホルモンの影響と言っても、男性と女性では違いますよね。実は、男性は男性ホルモンが、女性は女性ホルモンがワキガと密接な関係があることがわかっています。

ワキガというのはフェロモンの一種とも言われています。つまり、男性が女性に、女性が男性にアピールする為のフェロモンなので、男性ホルモン、女性ホルモンの分泌量が多くなることで、ワキガ臭も強くなります。

思春期になり、突然自分がワキガだと気が付くケースも多いでしょう。その場合はホルモンバランスの乱れが大いに関係しているということになります。また、ストレスなどによってホルモンバランスが乱れることもありますが、その場合もアポクリン汗腺の活動が活発になります。その結果、突然ワキガになるということが発生するのです。
 

まとめ

今日は突然ワキガになったという話から、本当にそんなことが有り得るのかということについて考えてみました。もう一度記事を振り返ってみましょう。

結論は、元々ワキガ体質でない人が突然ワキガになることはありません。しかし、元々ワキガ体質であっても、気が付かない程度の人はいますよね。そういう人が何らかの理由でワキガ臭が強くなった時に、「突然ワキガになった」と感じるということです。

その原因として、次の二つが挙げられます。

  • 生活習慣の変化
  • ホルモンの影響

 
ですから、生活習慣やホルモンバランスが乱れないように普段の生活をすることができれば、ワキガの発症は抑えることができるということになります。

ワキガ体質というのは基本的に手術をしてアポクリン汗腺を取り除かなければ治ることがありません。しかし、ちょっとした心掛け一つでワキガの発症を抑えることができるということがわかって頂けたと思います。今なら、手術費用の10分の1程度の価格でその方法を知ることができます。

↓ ↓ ↓